ホーム > ピックアップ記事 > 軽井沢経済圏移住リゾートテレワークフォーラム

軽井沢経済圏移住リゾートテレワークフォーラム

軽井沢では、新型コロナウィルス感染拡大以降、移住・二拠点居住者が急増しております。
このフォーラムでは、そうしたライフとワークが融合した新しいライフスタイルを送っている識者を招き、軽井沢の現状から見える将来ビジョン、新しい移住者・二拠点居住者の特徴、新しいライフスタイル・価値観から、次世代ライフスタイルを議論しました。

4/24(土)と5/1(土)の2回に渡って、Zoomウェビナーにてオンライン配信されたフォーラムにご出演いただいた方々やお届けした内容をご紹介致します。

 

Moderator
谷本有香
ロイヤルハウジンググループ 上席執行役員

証券会社、BloombergTVで金融経済アンカーを務めたあと、2004年に米国でMBAを取得。その後、日経CNBCキャスター、同社初の女性コメンテーターとして従事。Forbes JAPAN Web編集長。

 

第一回 特別鼎談「軽井沢リゾートテレワークの最新事情」

谷本有香 × 佐藤達郎 × 鈴木幹一

第一回はコロナ禍において、働き方の変化などによって軽井沢への移住や二拠点生活を考えている方に向けて、クリエイティブ分野のスペシャリストである佐藤達郎さんと、軽井沢リゾートテレワーク歴22年の鈴木幹一さんによる軽井沢でのライフとワークについての鼎談を配信。

ワークスペースや移住先として軽井沢が選ばれる理由や実際にどのように利用されているのか、軽井沢の環境や人々のネットワークがもたらす効果など、軽井沢で生活や仕事をする上で気になることを伺いました。アカデミックな分野でも活動されているお二人ならではの視点とトークをお楽しみいただけたのではないかと思います。また、お二人の体験されている軽井沢ライフの魅力についても語っていただきました。

 

登壇者のプロフィール

多摩美術大学教授(広告論/マーケティング論/メディア論)。個人事務所「コミュニケーション・ラボ」代表として、クリエイティブスーパーバイザー・執筆・講演・研修・企画・アドバイザーとしても活動中。2004年カンヌ国際広告祭日本代表審査員。浦和高校→一橋大学→ADK(アサツーディ・ケイ)→(青学MBA)→博報堂DY→2011年4月より現職。ADKでは、クリエイティブ戦略本部長/クリエイティブ計画局長として、約200名のクリエイティブ部門の人事・組織・研修・ビジョン策定を担当した。受賞歴は、カンヌ国際広告祭、アドフェスト、東京インタラクティブアドアワード、ACC賞など。審査員としても、多数に参加。著書に、『「これからの広告」の教科書』、『教えて!カンヌ国際広告祭』、『自分を広告する技術』等がある。
㈱読売広告社で第六営業局第二部部長・本社営業統括補佐、エステー㈱で取締役を経て、現在は信州大学社会基盤研究所特任教授(ウエルネス・ライフスタイル学)、一般社団法人日本ワーケーション協会特別顧問、一般社団法人軽井沢ソーシャルデザイン研究所代表理事、一般社団法人軽井沢日仏協会副会長、軽井沢リゾートテレワーク協会副会長、長野県小諸市政策アドバイザー(ウエルネス・ライフスタイル分野)、軽井沢しらかば会会長。ムッシュテタンジェ、シャンパーニュシュバリエ、フランスチーズ鑑評騎士の会シュバリエ。軽井沢リゾートテレワーク歴22年。東京・軽井沢二拠点居住歴22年。立教大学大学院ビジネスデザイン研究科博士課程前期課程修了(経営管理学修士)、同博士課程後期課程単位取得。

 

第二回 パネルディスカッション「軽井沢経済圏移住の魅力」

谷本有香 × 佐藤達郎 × 吉田悟 × 大月均 × 白石智哉

第二回は弊社のサロンスペースで行われた、パネルディスカッションを配信致しました。軽井沢や周辺地域でライフとワークが融合した新しいライフスタイルを送っている識者の方々から、軽井沢の現状から見える将来ビジョン、新しい移住者・二拠点居住者の特徴、さらには、新しいライフスタイル・価値観から次世代ライフスタイルまでお話しいただきました。

最前線で活躍されている方々の、この地域を選ばれたきっかけや生活を通じての変化、現在取り組まれていることなど、なかなか聞くことができないお話を伺える貴重な機会となりました。新居住者と地元の方との交流から起こるイノベーションによって、進化し続ける軽井沢経済圏に今後も期待が高まります。

 

パネラーのプロフィール

吉田 悟(小諸移住) 株式会社BTM代表取締役会長
1982年5月北海道生まれ。大手通信会社のコールセンター事業部にて、コールセンターの立ち上げ、立て直しに従事。その後コンサルタントとして独立し、国内証券取引所のヘルプデスク立ち上げを主導。2011年8月、株式会社ビジネストータルマネジメント(現BTM)を設立し、代表取締役社長兼CEOに就任。SES事業を3か月で黒字化させ、2014年10月には大阪支店、2015年8月には福岡支店を立ち上げ。2020年6月に代表取締役会長に就任。

大月 均(御代田移住) コミュニケーションディレクター/プロデューサー、「宣伝会議」教育講座講師

白石 智哉(軽井沢移住) フロネシス・パートナーズ㈱代表取締役CEO/CIO、ソーシャル・インベストメント・パートナーズ(SIP)理事

 

フォーラムの動画はこちら